教育

医療情報研究科の設置

本学は、個性豊かで特色ある大学の構築を目指し、中でも、岐阜大学との連携を強化して、教育研究の充実に取り組んでまいりました。その重点課題として検討しておりました本学と岐阜大学との連携の具体的な姿が「岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科」として大学設置・学校法人審議会における審議を経て設置が認められました。

本研究科は、新型感染症や免疫・アレルギー疾患、予防医学などの国家的課題や、「万人にある程度効く治療」から「安全で有効な個別化治療(テーラーメイド治療)」に移りつつある社会的要請に対応するため、工学、薬学、医学など多くの学問領域の横断的な研究を推進し、高度な専門性と柔軟な発想を有する人材を養成することを目的とするものです。

本学の「薬学」と岐阜大学の「工学」、「医学」の教育研究組織が連合し、連携機関として、(独)産業技術総合研究所及びアステラス製薬(株)を加え、後期3年のみの博士課程として連合大学院を新設します。

また、公立大学と国立大学法人との連合による大学院の設置は、全国初の取り組みです。
医療情報研究科の設置

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る