教育

連合/連携大学院

岐阜薬科大学は、薬学の専門性の高い学生を育成だけでなく、さらに時代の要請に応じた様々な分野への多様な専門性を持った学生を育てるために、他大学や機関との連合大学院、連携大学院、および、大学間協定のMBAプログラムがあります。

連合大学院 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科

1.設置の理念及び目的

本研究科は、多様化する国家的課題や社会ニーズにフレキシブルに対応できる人材を養成するため、創薬をテーマとし、それを取り巻く医療情報を媒体とした教育研究を関連する工学、薬学、医学の専門分野で行うための教育体系を確立することを設置理念とする。
具体的には、創薬というテーマの下に工学・医学を有する岐阜大学と薬学を有する岐阜薬科大学が連合し、異なる専門分野の教員による連合組織を編成することにより、相互の優れた研究業績や知識、情報の共有を基盤とする教育体系を構築する。これにより、国際的にも水準の高い先端的な生体分子化学、生体制御、生体応答、生物学的創薬、薬効情報、患者情報などを基盤とする創薬科学及び医療情報学を中心とする教育研究を展開し、先見性をもって柔軟に対応できる優れた人材の養成を目指すとともに、創薬医療情報に関わる学術情報の蓄積及びそれらを発信する。

2.専攻及び研究領域

(1)創薬科学専攻

1)専攻の内容

近年、急速に新興している新型感染症や生活習慣病への対応や予防医学などの国家的課題に対応するためには、ゲノム科学や構造生物学の進展に伴い蓄積された遺伝子及びタンパク質の構造と機能に関する膨大な情報を基盤とした体系的な創薬領域に関わる教育研究が必要である。このため、従来の化学的手法に加えて、ヒトゲノム情報や構造生物学などを活用し、生物学的・遺伝学的手法による創薬の基盤的な教育研究及び分子・細胞レベルから個体レベルまでの機能解析による現代疾病の診断法などの開発に関する教育研究を行う。
これにより、製薬・バイオ関連企業で創薬研究に携わる技術者並びに大学や研究機関で創薬研究に携わる創薬研究者を養成する。

2)研究領域と内容

  1. 生命分子科学研究領域
    急速に新興している疾病や生活習慣病などに対する創薬を考えた場合、ヒトゲノム情報などを活用した新たな創薬研究の構築が緊急の課題である。
    そのためにはゲノム科学や構造生物学などの先端的生命科学の情報や手法を創薬科学の教育研究に導入する必要がある。そこで、本領域では、生体高分子と低分子有機化合物の相互作用に起因する諸現象を、化学的・生物学的手法及び化学的な遺伝学的手法により解明するとともに、新機能分子の創製研究など創薬の基盤となる教育研究を行う。
  2. システム生命工学研究領域
    急速に新興している疾病に対応するため、創薬研究の迅速化や早期診断法の開発が重要課題である。
    そのためには動物実験への依存を減らし酵素反応や細胞に用いるin vitro実験などによるハイスループット化した生物機能評価システム、遺伝子診断法、疾病バイオマーカーの開発などが必要である。そこで、本領域では、生体をネットワーク・システムとみなして、分子・細胞レベルから、個体レベルでの相互作用や制御機構を解明することにより、現代疾病の予防、治療、診断法などの開発に関する教育研究を行う。
(2)医療情報学専攻

1)専攻の内容

医薬品に関係する事故や副作用の問題、さらに社会的ニーズが高く研究途上である個別化医療といった課題に対応できる人材の養成は急務です。
このため多岐に亘る研究領域に横断的に、かつ新規研究領域の創設を必要とする個別化医療・予防医療に必要となる膨大かつ患者毎の詳細な臨床情報を解析する手法・技術の教育研究及び医薬品の生体応答や病態制御の解析・評価に関する教育研究を行います。
これにより、個別化医療、健康科学など最先端の医療技術の現実化に向けた研究手法等を習得した高度医療専門スタッフ並びに食品、化粧品などの関連企業や大学、行政機関で薬品の検証に携わる技術者及び研究者を養成します。

2)研究領域と内容

  1. 生命情報研究領域
    多岐に亘る研究領域を横断的に、かつ新研究領域の創設を必要とする個別化医療、予防医療の実現化に対し、生活習慣病や新興・再興感染症などの最新医療情報の蓄積・分析・評価を通して、個別化医療の実現に向けた基盤技術・手法について教育研究を行う。また、遺伝子多型情報などに基づいた医薬品の薬効や副作用の解析による予防・治療介入手法について教育研究を行う。
  2. 生体制御研究領域
    免疫アレルギー疾患や感染症などの疾病の制御が期待される医薬品候補の個体レベルでの生体応答や病態制御の仕組みを解明し、構造生物学的なアプローチから創薬、ファーマコ・ダイナミクスや代謝経路(メタボリック・パスウェイ)の分析的なアプローチからの生体制御手法の開発などの基盤的な教育研究を行う。

3.学位の名称

専攻名 授与する学位
創薬科学 博士(工学) 博士(薬科学)
医療情報学 博士(薬科学) 博士(医科学)

連携大学院

連携機関・指導教授 研究内容
岐阜県保健環境研究所
客員教授
有 川 幸 孝
准教授
伊 藤 哲 朗
  1. 医薬品・農薬・食品添加物等の成分分析に関する研究
  2. 感染症・食中毒の原因となる病原体の分子疫学的研究
  3. 高感度質量分析を用いた網羅的メタボローム解析の天然有機化合物及び生体試料への応用

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る