教育

薬学専攻(博士)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

  • 高度専門医療人として医療現場における臨床的課題の解決に向けて挑戦する意欲を有する学生
  • 薬と疾病およびその予防に関する研究を通して社会に貢献する志を有する学生
  • 豊かな学識、優れた人格を身につけ、専門的職能を有する薬剤師として継続して研鑽する志を有する学生
  • 医療の基本となる倫理観を持ち、常に人と環境に配慮することができる学生

教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

薬学専攻では、高度専門医療人としての薬剤師に必要な技能・態度等の修得とともに、臨床研究やその裏打ちとなる基礎研究、優れた医薬品の開発研究の遂行能力を養成する教育課程を編成する。研究スキルを修得する基礎科目、学位に関連する研究領域の専門科目、医療機関における実務に基づく課題解決に向けての演習科目の開講により幅広い視野と国際力、研究遂行の基礎となる学識を身につけた人材を育成する。学位論文作成に向けた実験・調査を主体とする「医療薬学特別研究」においては充実した研究指導により、自立して創造的研究活動を遂行できる能力を養成する。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

  • 医療現場における臨床的課題の解決に向けた研究、疾病およびその予防に関する基礎的研究、医薬品開発研究などにより社会に貢献するとともに、これらの研究に支えられた教育を通じて、自立して創造的研究活動を遂行するために必要な研究能力が備わっていること
  • 豊かな学識、常に人と環境への配慮を怠らない優れた人格を身につけているとともに、薬学研究者或いは医療人として求められる高い倫理観が備わっていること

薬学研究科専攻科目の研究内容

大講座・研究室/連携機関 研究内容
生命薬学大講座
感染制御学
教授 井上直樹
准教授 杉山剛志
1 病原体の経胎盤感染機序の解析とワクチン開発に関する研究
2 新規抗ウイルス薬の探索と作用機序に関する研究
3 消化管粘膜における感染性および炎症性疾患の治療に関する研究
4 自然免疫活性化シグナル伝達の制御に関する研究
医療薬剤学大講座
薬物動態学
教授 北市清幸
准教授 臼井茂之
1 医薬品による水の動態変化に関する研究
2 各種疾患治療薬の薬物動態に関わるバイオマーカーの探索に関する研究
3 薬物動態に関わるバイオマーカーの臨床応用に関する研究
4 疾患モデルにおけるドラッグトランスポーターの発現変容に関する研究
臨床薬剤学
教授 足立哲夫
准教授 原宏和
1 慢性炎症基盤病態の発症・増悪分子メカニズムに関する研究
2 虚血性脳障害の分子機構および脳保護薬開発に関する研究
3 糖尿病とその関連疾患に対する予防薬の探索研究
4 医薬品の適正使用を支援する研究
薬物治療学
教授 保住功
1 神経疾患の病態を明らかにし、有効な治療薬を開発する研究
2 特発性脳内石灰化症の病態を解明し、治療薬を開発する研究
3 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態を解明し、治療薬を開発する研究
4 メタロチオネイン、iPS細胞を活用し、新しい治療薬を開発する研究
実践薬学大講座
病院薬学
教授 寺町ひとみ
実践社会薬学
教授 杉山正
医薬品情報学
教授 中村光浩
1 医薬品の個別適正使用に関する研究
2 実践的・効率的な薬剤師教育に関する研究
3 安全かつ効率的な注射薬調製支援システムの開発に関する研究
4 嚥下困難な患者を対象とした新規剤形の開発に関する研究
5 保険薬局における情報提供のための事実検証に関する研究
6 生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法に関する研究
連携機関
岐阜県保健環境研究所
客員教授 加藤樹夫
1 医薬品・農薬・食品添加物等の成分分析に関する研究
2 感染症・食中毒の原因となる病原体の分子疫学的研究
3 天然資源中の薬理活性成分に関する研究
独立行政法人
医薬品医療機器総合機構※
客員教授 山田博章
1 承認審査業務に基づいた医薬品評価に関する課題研究
2 治験相談業務に基づいた医薬品開発に関する課題研究
3 薬事領域におけるレギュラトリーサイエンス関連研究

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る