教育

GP(大学教育の充実)

大学教育の充実GP

文部科学省推進大学教育改革支援事業プログラムとして、GP(Good Practice)を推進・実施しています。

教育GP

岐阜薬科大学では、文部科学省による教育の質向上に向けた大学教育改革の取組(GP)に選定され、「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」、「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」及び「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」などから、以下のプログラムを実施しています.

教育GP詳細:文部科学省

岐阜薬科大学の教育GP:創薬学士力養成プログラム

医療人GP

文部科学省「平成18年度「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」のテーマ2「臨床能力向上に向けた薬剤師の養成」に

  1. 本学が単独で申請した取組『附属薬局を活用した臨場感溢れる実践教育』-人間性豊かな安全で確実な薬物療法を提供できる実践型薬剤師の養成-が選定されました。
  2. 本学が参画した共同取組(東京理科大学主体)『全国的薬学教育グリッドの構築』も選定されました。

全国の薬系大学・薬学部から55件の申請があり、そのうち本学申請取組を含む11件が選定されました。

選定結果詳細:文部科学省

岐阜薬科大学の医療人GP:附属薬局を活用した臨場感溢れる実践教育

戦略的大学連携支援事業

文部科学省「戦略的大学連携支援事業」は、国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的として、平成20年度から新規に開始した事業です。

平成20年度に各大学等から94件の申請があり、総合的連携型(広域型)として「6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携」(連携大学:名古屋市立大学、浜松医科大学、三重大学、岐阜薬科大学、静岡県立大学、愛知医科大学、愛知学院大学、金城学院大学、藤田保健衛生大学、名城大学、鈴鹿医療科学大学),教育研究高度化型として「国際的視点に立つ創薬研究者養成のための実践的な教育研究システム」(連携大学:岐阜大学、岐阜薬科大学)の2件の本学の取組を含む54件の連携取組が選定されました。

選定結果詳細:文部科学省

社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業委託

文部科学省委託事業である「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」において、東海地区の公立薬学系大学である名古屋市立大学、岐阜薬科大学、静岡県立大学の共同による「地域-大学連携による地域医療ニーズに対応した薬剤師リカレント学習支援プログラム」が採択され、平成20年12月より薬剤師の生涯学習を支援するための教育プログラム「三公立連携薬剤師生涯学習支援講座」を実施しました。

この事業は、医薬分業の進展や薬物治療の高度化に対応して、現場の薬剤師に最新の知識と技術を習得してもらい、地域の医療水準の向上に結びつけることを目的としました。

三大学がそれぞれ得意な分野を担当して共通のプログラムをそれぞれの所在地で実施することにより、出身大学や勤務地によらず同一かつ高度な内容の生涯学習が可能にしました。また、サテライトセンターを設置し、またテレビ会議システムを導入することにより、遠隔地での受講を可能にしました。このような地域の大学連携による薬剤師生涯学習支援事業は他に例がなく、リカレント教育モデルとしても全国に発信できました。

関連リンク

三公立連携GP:薬剤師生涯学習支援講座

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る