国家試験合格率が高い理由
岐阜薬科大学では、薬剤師国家試験をほぼ全ての6回生が受験し、高い合格率を誇っています。この高い合格率には理由があります。

 

理由①  充実の教育カリキュラム (薬学科 医療薬学コース)

薬剤師コース(平成29年度入学者より医療薬学コース)の教育は、学生の将来の薬剤師としての可能性を広げるのに適したカリキュラムを用意しています。このコースでは、1-3回生までに薬学の基礎及び教養を身につけ、4-6回生では臨床に近い内容に応じた教育を受けます。

このように、薬剤師として医療現場で必要な基礎知識・技能はもとより、実践力と研究力が身につくような教育課程を編成しています。

理由②  薬学科教官の「薬剤師による薬剤師のための基礎教育」

薬剤師資格保有者だからこそ教えられる薬剤師による薬剤師のための教育があります。岐阜薬科大学では、4-6回生向けの実践的な薬剤師教育は勿論のこと、1-3回生向けの薬学科基礎教育においても、薬剤師免許保有(或いはそれに準ずる専門資格保有者)の薬学科担当教官が主な教育を担当します。また、創薬育薬コースを担当する教官にも薬剤師免許保有者が多く、これにより、学生は普段の講義を通じて知らず知らずのうちに,薬剤師国家試験合格のための知識と基礎学力が身に付きます。

薬学科:機能分子学大講座
薬学科:生命薬学大講座

理由③  学生のやる気を高める早期体験実習

1回生の早期より、薬局・病院薬剤部など、薬剤師の臨床の場を見学し、将来の自身の目標を持つことで学生のやる気を高めるカリキュラムです。

岐阜市近郊の多くの病院・薬局にご協力頂いて貴重な学習経験を積ませて頂きます。

岐阜市民病院 / 岐阜大学病院 / 岐阜県総合医療センター / 岐阜中央病院 / 岐北厚生病院 / 村上記念病院 / 大垣市民病院 / その他

理由④  現役の薬剤師による実践的・臨床的薬剤師教育

4-6回生では、岐阜薬科大学所属の現役の薬剤師(或いは医師)や、臨床研究を専門とする教員により、より実践的で臨床的な薬剤師教育を受けることで、就職後に役立つ知識を得ることが出来ます。

薬学科:医療薬剤学大講座


薬学科:実践薬学大講座


理由⑤  日本で初めての大学附属薬局を活用した臨場感溢れる実践教育

岐阜薬科大学では、1998年(平成10年)に日本初の大学附属薬局を開設し、以来、教育と医療の双方を実践する医療機関として運営しています。この附属薬局では、特に4-6回生までの医療薬学コースの学生が臨床実習に活用すると共に、4年次の実務実習前の教育においても活用されています。

附属薬局で勤務する現役の薬剤師教官(実践薬学大講座:薬局薬学研究室)
基礎系薬学科教官の臨床実践の場として

基礎教育を担当し、普段、臨床に携わらない薬学科研究室の教官においても、この附属薬局において臨床経験を積んでいます。附属薬局の薬剤師教官の指導の下で、定期的に臨床業務に携わり、一定の実務経験と講習を受けることで、薬剤師教育に必要な実績を得ています。本学では、このようにして薬剤師教育に携わる全ての教官の臨床薬学への理解を深めると共に、質の高い薬学教育への糧としています。