教育

就職・進路

就職・進路
岐阜薬科大学の卒業生は、国内外の製薬企業・病院・薬局・行政機関などの薬学業界を中心に、広く活躍しています。また就職希望者の就職率は、学部卒業生・大学院卒業生ともに、およそ100%です。他の国公立私立大学薬学部に比べて製薬企業の研究開発職や薬事業務、国立の行政機関に多くの卒業生を輩出し、現在でも多くの求人が寄せられています。

就職に関するガイダンスは毎年複数回実施し、また製薬企業、病院、薬局等によるブース形式の就職説明会も開催しています(2月と4月)。さらに学内LANで求人に関する情報を提供しています。就職資料室には就職関係の各種情報、参考書など多数の有益な資料を揃えてあります。学内LANの求人情報には、本学への最新の求人情報とともに、前年度の求人情報も掲載され、各企業、病院、薬局などの求人時期を知ることができます。本学職業紹介業務運営規定により、大学から斡旋された就職は、雇用関係の成立、不成立に限らず、結果を教務厚生課に報告しなければなりません。

H26.3.1現在

 科別  薬学科 薬科学科  修士課程 博士課程
分類別 性別
 製薬・化学関係企業  9 4  – 12  7 1  1
 官公庁 1  – 1  1  –
 病院・診療所  10  21  –  –  –  1
教育機関  –  –
 薬局 8  9  –  –
 試 験・研究・検査所  1
大学院(本学) 2 28 12 2  –
大学院(他大学)  – 2  1 1  –
その他(又は未定)  2  2  1  –  –  –  –
合計 32  36  31 13  17  13  2  1

産業構造が大幅に変化し、人材要求は大きく変わりつつあります。量から質への移行にともない、本物志向の有能な人材が求められています。学生の真価が社会で問われ、本学においてもその期待に応えることができる人材養成に努めています。就職指導は、学生の希望と適性に応じ、きめ細かく行われています。職種は、化学および製薬企業の研究・開発・学術・営業、病院や薬局の薬剤師、国家公務員や地方公務員など、多種にわたっています。求人数は、例年就職希望者を上回る申込みがあり、ほほ100%の就職率を示しています。なお、本学の薬剤師国家試験の合格率は毎年高い水準を誇っています。また、大学院修士課程に進学する者も多く、さらに博士課程へ進む者もいます。大学院修了者の就職率もほぼ100%であり、製薬会社の研究部門、国あるいは地方自治体の研究所、大学などで活躍しています。

卒業後の進路・進学先

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る