研究報告・受賞

第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 令和元年度有機合成化学協会東海支部優秀賞:伊藤直也

発表タイトル チタニア担持型パラジウム触媒(TiO2)を使用した芳香族塩素化合物のリガンドフリー鈴木・宮浦カップリング
受賞者氏名 伊藤直也
所属・学年 創薬化学大講座 薬品化学研究室 薬学科4年
掲載日 2019年11月18日
イベント名 第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

研究概要

令和元年11月9-10日に第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会が松本で開催され、本学薬学科4年の伊藤直也君が令和元年度有機合成化学協会東海支部優秀賞を受賞しました。

本賞は有機合成化学および有機合成化学工業の発展に貢献するすぐれた研究または発明を、中部化学関係学協会支部連合秋季大会で発表した東海支部所属の学生または若手の技術者に対し授与されるものです。

研究題目は「チタニア担持型パラジウム触媒(TiO2)を使用した芳香族塩素化合物のリガンドフリー鈴木・宮浦カップリング」で、医薬品合成において重要な、炭素-炭素結合の形成を可能にする高活性触媒を開発したことが高く評価されました。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る