研究報告・受賞

第64回日本薬学会東海支部大会学生優秀発表賞:首村菜月

発表タイトル LCMS-IT-TOFを用いた危険ドラッグ成分ATHPINACAの位置異性体識別および代謝物の推定
受賞者氏名 首村菜月
所属・学年 薬物動態学研究室:大学院修士1年
掲載日 2018年07月05日
イベント名 第64回日本薬学会東海支部大会

研究概要

2018年6月30日に開催された第64回日本薬学会東海支部大会において、本学修士課程1年の首村さん(薬物動態学研究室)が学生優秀発表賞を受賞しました。本賞は、学部生および大学院学生の発表の中から、優秀な発表に贈られるものです。

首村さんは「LCMS-IT-TOFを用いた危険ドラッグ成分ATHPINACAの位置異性体識別および代謝物の推定」という演題で口頭発表を行いました。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る