研究報告・受賞

日本医療薬学会第1回フレッシャーズ・カンファランス 優秀賞:杉田郁人

発表タイトル 透析患者のQOLが服薬コンプライアンスに及ぼす影響
受賞者氏名 杉田郁人
所属・学年 実践薬学大講座 病院薬学研究室 6年生
掲載日 2017年06月27日
イベント名 日本医療薬学会第1回フレッシャーズ・カンファランス

研究概要

2017年6月25日に、日本医療薬学会第1回フレッシャーズ・カンファランスが慶應義塾大学薬学部にて開催され、本学6年の杉田郁人君(病院薬学研究室)が、優秀賞を受賞しました。本賞は、研究内容が大変優れており、将来の発展が大いに期待される発表を行った方に贈られます。

 

演題は、「透析患者のQOLが服薬コンプライアンスに及ぼす影響」で、質問紙調査手法を用い、透析患者において睡眠のQOLが高い患者は低い患者に比べて服薬コンプライアンスが高いことを示し、透析患者の睡眠に関するQOLの向上が服薬コンプライアンスの向上につながることを明らかにしました。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る