お知らせ・ニュース

PhDとMBAのダブルディグリー 第1期生

2017年03月21日

岐阜薬科大学では、岐阜薬科大学大学院生が経営管理学修士(MBA)を取得してPhDとMBAのダブルディグリーとなる制度を運用し、このたび第一期の修了生が誕生しました。

岐阜薬科大学大学院生、経営管理学修士(MBA)を取得
~PhDとMBAのダブルディグリー取得制度による新しい実践的学習モデルの成果~

 岐阜薬科大学(岐阜市)では国際的な視野に立ち、医薬の研究と医薬業界の経営に実力を発揮できる人材を輩出することを目的とし、2015年より中京大学ビジネススクールとの間で大学連携によるダブルディグリー制度を開始しました。
このたび、中京大学ビジネススクールに入学しておりました本大学の井上雄有輝さん(博士課程3年)、大江絵美さん(研究生)が中京大学ビジネススクールを修了し、経営管理学修士(MBA)の学位を2017年3月19日に授与されます。今後の医薬品産業において求められる、薬学と経営管理学の高い能力を発揮できる専門人材の育成の第一歩となり得ます。

岐阜薬科大学は、これからの医療・製薬業界において求められる、専門的な研究知識をビジネスの現場で活用できる、視野の広い学生の育成に力を入れて参ります。

関連記事

プレスリリース(2017/3/21)

 

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る